2017年03月28日

堺から(7)

 あおちゃんとオイちゃんの二人は私立医大出身。
 ダッチとアユムは国立大学やけど、旧帝大系やない。

 ダッチは帰国子女。10歳くらいまでアメリカンやったんやて。
 でも、ちゃんとストレートで医師免許取得してる。
 あおちゃんとアユムが1浪組。
 んで、オイちゃんが1浪ー1留ー1浪で3年遅れ。
 
 年が離れてて、負い目を感じるんは体力的なことが一番やな。仕事の成熟度はみんな横並びよ。
 研修医には官舎が貸してもらえることになってた。
 家賃は5000円、職場が負担してくれるわけでもない。
 給料手取り12万円から天引きされるんよ。
 今の研修先生は額面30万くらいって聞いた。
 お金があるのは、ほんまにええことなんかな、、、。
posted by ヌカブー at 06:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 篤ちゃんスタディアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

堺から(6)

 4人、雁首揃えて研修先病院へ挨拶に出向いた。
 アユムの父ちゃんも、同じ医局出身で、オイちゃんの親父と同期生。
 オイちゃんと共に「ジュニア」って呼ばれるようになった。

 アユムは、オイちゃんと違って真面目一徹なやつ。
 アユムは「ジュニア」って呼ばれるんが嫌やったみたいやな。オイちゃんは3回も医局試験の面接で言われ続けてたんで、「親の七光り使ったれ。」って覚悟決めたよ。

 医学の業界は、親の七光りだけで生きてけるヤワな世界やないもん。
 実力があって努力すればチャンスがうまく巡ってくる。
 
 実際、オイちゃんもそのチャンスがまわってきたことが一度や二度やないよ。
 でも、それを全くオイシイって感じへんかったんや。
 今から思えば、勿体無いことしたように思うこともあるけど、そんなに不幸になってへん。
 そんで、ええ。

posted by ヌカブー at 06:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 篤ちゃんスタディアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

堺から(5)

 大阪市内で研修をしながら、すぐに出向の準備をせなあかん。
 またまた、履歴書を書いて種々の書類を用意し研修先病院へご挨拶に行く。
 当たり前に行動やけど、何もかも初めての経験。

 同じように、堺の病院で研修する仲間はオイちゃんを含めて4人。
 あおちゃん、ダッチ、アユム、んでオイちゃん。
 順番に、循環器、消化器、内分泌、脈菅。

 オイちゃんの所属した医局が脈管。今も昔の聞き慣れん分野やと思う。偉そうに言わせてもらうと、オイちゃんの親父が作ったグループや。まあ、オイちゃんは縁故入社したってことよ。

 世襲って悪いように言われとる。でも、反面、伝統を継ぐってことやと思う。
 継ぐだけでなく、発展させることが大事。
 医者の世界は、世襲するにもちゃんと医学部に入って国家試験に合格せなあかん。
 裏口入学ってあるけど、入っても出れん。国家試験に裏口、替え玉は不可能よ。

posted by ヌカブー at 06:23| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤ちゃんスタディアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

堺から(4)

 約1ヶ月間、旧帝大附属病院で「いろはのい」の研修を終え堺へ。
 社会人になるには、いろんな手続きがあるもんやと思わされたね。

 今まで自分だけのことで生きてきてた。
 それとは打って変わって、社会人1年生は駒としての生き方を先ずは学ぶんや。
 住民票とか、抄本、謄本とか役所に関わることが必要になってくる。
 健康保険、雇用保険、内容がよう分からんまま書類に何遍も自分の名前を書いてハンコを押してく。

(長)「君たちは、これから色んなところや場面でたくさんの人と出会うことになる。そこで大事なんは、挨拶はもちろん、自己紹介や。先方に自分を覚えてもらうことというんは、後々の人生で所々で顔をもたげてくるもんや。何度も何度も自分の名前を紹介し印象付ける練習もしていかなあかんぞ。」

 医局長先生の御言葉。
 
posted by ヌカブー at 06:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 篤ちゃんスタディアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

堺から(3)

 40歳半ばでも、官公立の病院ではポストがない。
 って、作らへん。んで、モチベーションが失せてくねんな。

 時代の変遷っていうのは、戦後は特にそうなんやろうけど、若いもんへ緩く緩くなってったように思うわ。オイちゃんらの時代でも、10年上の先輩と比べて緩くなってたで。

 一番大きな違いは、通信網やな。
 今のように、携帯電話がない。不便ってレベルやないねん。無いねん!
 ポケットベルが個人使用ができるようになったところ。これでも画期的なことよ。

 ポケベルのおかげで、病院から外出できるねんもん。それ以前は、自分の居場所をキチンと上司はもちろん職場に伝えとかなあかん。プライベートなんかあったもんやないで。

 それでもポケベルは、通信エリアが大阪府内、近畿圏内って限定されてた。
 全国版なんてありゃせんわい。
 
posted by ヌカブー at 06:28| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 篤ちゃんスタディアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

界から(2)

 研修のための研修とは、、、。社会人デビューの洗礼やな。
 病棟運営のシステムや回診時の己の立場の確認。技術的には採血の基本方法の習得。
 病状説明の仕方の学習。

 現在のように、自由に研修先を選択できる時代やなかった。
 医局が、ほぼ100%近く人事を握ってた時代。封建制度とか言われててたけど、確かにそういうところは濃かったな。せやけど、研修医1年目は出身大学が旧帝大だろうが、私立医大だろうが、採血や点滴の技術は、そう変わらん。

 ポストに関わるような年齢になったら、差がついてくるんよ。
 と、思ってたら、最近はそうでもないわ。
 
 オイちゃんの、上司だった先生は当時45歳で部長。部長就任は、30代後半。
 今、大病院で30代後半で、肩書きついてるなんてありえん時代になっとる。 
posted by ヌカブー at 06:31| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤ちゃんスタディアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

堺から(1)

 平成4年5月。オイちゃんの社会デビューは27歳の春。25年も前や。
 大阪市内・福島駅から徒歩で中之島横の病院で研修のための研修がはじまった。
 
 今は研修はマッチングっていうて自分の行きたい病院の試験数カ所を受けるて採用を待つ形式。
 オイちゃんらの時代は、入局試験や。オイちゃんは名古屋のF大。
 医局は大阪の親父の出身医局へ。F大は私立。O大は国立で旧帝大。
 他学出身者は自ら外様っていうてた。

 当然、研修先病院は学内出身者優先。当時は旧態依然灯される医局主義。
 研修医は90%くらい医局に所属してたんちゃうかな。残りは基礎研究や大学院に進んでた。
 学内組は1年目は大學附属病院で研修。

 外様組は1年目から関連病院へ出向になる。
 希望なんて言われへんけど、ある程度は考慮してくれて、堺の病院で研修することになった。

posted by ヌカブー at 06:42| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 篤ちゃんスタディアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

走ろう(50)

 無事ブービーメーカーでアッちゃんチームはゴール。
 先生方には感謝しかないわ。

 にしても、ママも頑張ったわ。
(マ)「お腹減ったわ〜。」
(オ)「足とか腰とか痛ないの?」
(マ)「最近のランニングシューズは良うデキてるよ。」
(オ)「普段から鍛えとるから、にしても大したもんやな。」
(マ)「なんやかんやで4〜5km走ったんちゃうかな。」
(オ)「一番、走ったんちゃうか?」
(マ)「間違いないわ!」

 誰も怪我なく、無事競技終了。
 家族全員、帰りにジャージ姿のまま、梅田グランフロントで昼飯。
 アッちゃんとママは同じくらい飯食ってたな。

       (走ろう  終わり)
 
posted by ヌカブー at 06:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 篤ちゃんスタディアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

走ろう(49)

 最終コーナーで後続ランナーが迫ってきた。
 アッちゃん走らぬ。

 ゴールテープを張って待機してくれてる大会補助の係りの方たち。
 両手を前に出して、堂々と胸でテープを着ると思わせといて、テープを持ち上げ下を潜ってゴール。
 引率してくれてた先生方に大受け。
テープ (1).jpg(先)「アッちゃんは、おいしいとこ知ってるな〜。」
(オ)「小学校の運動会の時から続けてます。」
(先)「アッちゃんの十八番ですか。年季が入ってるんですね。」

(マ)「アッちゃんは?」
 ママがその直後に帰ってきた。
(オ)「今ちょうど、テープをくぐり抜けてゴールしたとこよ。」
(マ)「良かった〜、ちゃんとゴールしたんや。」
posted by ヌカブー at 06:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 篤ちゃんスタディアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

走ろう(48)

 全部歩いてたら、後続のチームに抜かれてた可能性が高かった。
 トラックに入っても堂々と“アッちゃん行進”を続けとる。

大行進.jpg


 我が息子ながら、羨ましく見てた。何事にも動じない。
 そんなことをしてたら、今じゃ「KY」って空気読めない人扱いや。

 オイちゃんは、あんなに動じずに物事を実行したことがない。
 一丁前に、場数を踏んで経験も色んな場面で色んなことを経験させてもらったし、今でもさせて貰っとる。
 一見そつなくこなしても、後からは反省するばっか。
 で、本番で笑って誤魔化したり、黙って考えてるふりしたりして、その場をやり過ごすことがうまなっただけよ。

 後続の選手がトラックに入ってきた。
 チラッと振り返るように見ただけで、ペースを変えずにゴールテープに向かって歩き続けてた。
 
 
posted by ヌカブー at 06:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 篤ちゃんスタディアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする